ファクタリングの仕訳や勘定科目

ファクタリングの仕訳や勘定科目

売掛金などの売上債権を早期に現金化することのできるファクタリング。ファクタリングを利用したものの、会計処理をどのように行えば良いか分からないという経理の方は少なくありません。ファクタリングの仕訳はそれほど複雑でないので、基本を押さえて処理しましょう。

ファクタリングの仕訳や勘定科目

ファクタリングの仕訳をするときのポイント

ファクタリングを仕訳するためには、簿記において認められている、経理自由の原則と継続性の原則を理解する必要があります。

経理自由の原則とは、会計状況に応じて、企業がある程度会計方針や勘定科目を自由に設定することを認めた原則です。

ファクタリングにおいても、必ずこの勘定科目で仕訳しなければいけないという決まりはありません。

ファクタリングの手数料は「売上債権売却損」という科目がよく用いられますが、経理ソフトにこの科目がない場合も、近いもので代用して良いことになっています。

ただし、無関係の科目を使用することはできません。

また、経理自由の原則は、継続性の原則を前提としています。

継続性の原則とは、企業が一度採用した会計方針は、特別な理由がない限り同じものを使い続けなければならないことを定めた原則です。

企業が常に会計方針を自由に選択できてしまうと、ある時には利益を多く、ある時には負債を少なくというように、企業の会計状況が良く見えるように操作できることになってしまいます。

この原則は、公平性を保つことと、企業の会計が期間比較できるようにすることを目的としています。

ファクタリングの仕訳でも、一度設定した科目は同じものを使い続けましょう。

ファクタリングの仕訳方法

まず、通常の売掛金の仕訳を説明します。

商品を売り上げて代金を売掛金とした場合、借方には売掛金、貸方には売上と仕訳します。

売掛金が支払われた際には、借方には現金や当座預金、貸方には売掛金と仕訳します。

ファクタリングを利用した場合には、商品を売り上げた時の仕訳は通常時と同様ですが、ファクタリング契約をして売掛債権を譲渡した時に、借方に未収金、貸方に売掛金と仕訳します。
売掛金と未収金は、どちらも代金を受け取る権利を表しますが、通常の営業活動による権利でないものには、未収金を使います。

ファクタリング契約は企業の通常の営業活動によるものではないため、売掛金ではなく未収金を使います。

また、ファクタリング会社から入金された際には、借方に現金(もしくは当座預金など)と売上債権売却損、貸方に未収金と仕訳します。

ファクタリングには手数料がかかるため、営業外費用である売上債権売却損を使います。

会計処理の観点から見たファクタリングのメリット

会計処理におけるファクタリングのメリットは、貸借対照表のオフバランス化を図れることと、企業の資金繰りを容易にするとともに売掛金の貸し倒れリスクを軽減することにあります。

オフバランス化とは、資産や負債を貸借対照表(バランスシート)から消す(オフ)ことで企業の会計状況を健全なものに見せることです。

資本金が300万円、売上(売掛金)が1,000万円、仕入(買掛金)が800万円ある企業が、1,250万円の現金を必要としている場合を例として考えます。

なお、ファクタリング手数料は50万円とします。

ファクタリングを利用せず借入金によって資金調達した場合、損益計算書の借方には売上1,000万円、借方には仕入800万円と収益200万円が仕訳されます。

貸借対照表の借方には現金1,250万円と売掛金1,000万円、借方には借入金950万円と買掛金800万円と資本金300万円と利益剰余金200万円が仕訳されます。

この場合、総資産に占める利益率を表すROA(総資産利益率)は、200万円÷2,250万円で約0.089、つまり約8.9%となります。

ファクタリングを利用した場合、損益計算書の借方には売上1,000万円、借方には仕入800万円とファクタリング手数料50万円と収益150万円が仕訳されます。

貸借対照表の借方には現金1,250万円、借方には買掛金800万円と資本金300万円と利益剰余金150万円が仕訳されます。

この場合、ROAは150万円÷1,250万円で0.12、つまり12%になります。

ファクタリングを利用した方がROAは高くなっています。

ROAは融資を受ける際に重要な審査項目ですので、ファクタリングを利用することで銀行融資を受けやすくなるというメリットがあります。

また、ファクタリングは売掛金を早期に現金化することができるため、資金繰りが容易になるほか、売掛金が回収できずに貸し倒れるリスクを軽減することができます。

ただし、ファクタリングにも利益が減少するというデメリットがあります。

ファクタリング手数料の分だけ利益を圧迫することになるため、資金繰りのメリットと比較し導入を検討することをお勧めします。

ファクタリングは、会計処理の観点から見てメリットの大きい方法です。

資金繰りに困った際にはファクタリングを利用することで、早期に現金を手に入れることができるほか、融資を受けやすくなるため、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングの仕訳方法は複雑ではありませんが、初めて利用する際には処理に混乱してしまう経理の方も少なくありません。

迷った際には、税理士やファクタリング会社など、専門家に依頼するのも一つの方法です。

犬
メール
電話
mitumori