建設業におけるファクタリング活用のメリット

建設業におけるファクタリング活用のメリット

建設業で資金繰りに困った時は、ファクタリングが有効です。建設業では依頼を受けてから入金されるまでにさまざまなコストが発生するため、ファクタリングによる資金調達が必要になる場面も多いのです。これから、建設業でファクタリングを活用するメリットなどをご説明します。

建設業におけるファクタリング活用のメリット

ファクタリングは建設業の資金調達に有効

建設業では、ファクタリングによる資金調達が有効とされています。

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで早期現金化する資金調達サービスです。

建設業はファクタリングの利用率が高く、多くの建設業者が活用しています。

 

その理由として、建設業の仕事は案件単価が高額で、回収サイクルも長いからです。

建設業の案件単価は100万円前後~数億円前後まで、さまざまです。

また、契約から入金日までを表す回収サイクルも長く、入金が数カ月後になることもあります。

大きい仕事になればなるほど、さらに案件単価は高額になり、支払いサイトも長くなるでしょう。

 

その上、建設業では作業を開始する前に、材料を揃えるため、前払いや立て替えが必要になり、費用がかさみます。

このような建設業の商習慣がファクタリングにマッチしていることから、有効とされているのです。

ファクタリングで建設業の資金繰りを改善する方法

建設業は資金調達に苦労し、資金繰りに困るケースは少なくありません。

その会社自体で建設作業をしている時は、入金されるまで建築材料費などを自社で支払わないといけません。

入金が数カ月後になることもあり、入金されるまでの資金調達に困ってしまうこともあるでしょう。

また、下請け企業に依頼している場合、その支払いをしなければなりません。

下請け企業へ支払う金額が膨らむと、現金不足に陥りやすくなります。

 

これらを改善するのが、ファクタリングです。

ファクタリングを契約すれば、売掛金を早く現金化できるので、建築材料費や下請け企業への支払いに使えます。

また、ファクタリング審査は銀行の融資に比べると通りやすい傾向があります。

よって、銀行の融資が受けられなかったとしても、ファクタリングで資金調達できる可能性があるのです。

建設業でファクタリングを利用するメリット

ファクタリングを活用するメリットとしてまず1つ目に、「建設業の売掛債権は、高い金額で売却できる」ことがあります。

建設業の売掛債権は、信頼性の高さが特徴です。

ファクタリング会社では、売掛先や売掛債権の質・期間などを審査して、信頼性の段階評価をしています。

信頼性によって、手数料や売掛債権を買い取る金額も決定しているのです。

 

建設業や医療業などの売掛債権は、未回収になる可能性が低いため信頼性は高いとされています。

そのため建設業の売掛債権の手数料は安く設定され、本来入金される金額に近い額で買い取ってもらえる傾向があります。

 

2つ目に、「早く売掛金を現金化できる」こともメリットになります。

下請け企業への支払いや建築材料費を購入する時、受注枠を増やしたい時などには現金が必要です。

売掛債権の分が入金されるまで待っていると、資金繰りに困る場合もあります。

資金調達ができないと、作業を開始することができず、取引先からの信頼もなくなってしまうでしょう。

早めに現金化して作業が順調に進めば、信頼を得ることができ次の仕事にも繋がります。

 

3つ目に、「取引先に知られずに契約できる」のもメリットです。

ファクタリング契約は3社間契約か2社間契約ですが、3社間契約では取引先に債権者が変わったことを通知します。

しかし、この方法だと「資金繰りに困っているのではないか」と疑われることもあるでしょう。

その時に活用すると良いのが、ファクタリングの2社間契約サービスです。

2社間契約は、基本的には取引先に通知がされません。

取引先から売掛金が入金されたら、ファクタリング会社へ送金することが契約条件になっています。

この方法を活用すれば、取引先に通知されず、信用にも傷がつかないでしょう。

しかし、ファクタリング会社との契約を守らないと、取引先へ通知されるので注意が必要です。

 

4つ目に、「負債扱いにはならないので、銀行取引に影響しない」こともメリットです。

銀行融資の審査では、負債がどのくらいあるかが影響します。

 

しかし、ファクタリングは負債扱いにはなりません。

そのため、ファクタリングで現金での資金調達を活用した場合、ビジネスローンなどで資金調達した場合に比べて銀行での融資審査に通りやすいといえます。

最後に「リスクを回避できる」というメリットもあります。

売掛先が倒産しても、償還請求権がないノンリコースでのファクタリング契約なら、ファクタリング会社へ支払う義務はありません。

そのため現金化していたとしても影響を受けないため、リスクを回避できます。

 

 

建設業界で資金繰りに困った時は、ファクタリングが有効です。

建設材料費や下請け企業への支払いには現金が必要なため、売掛金が入金されるまで待てない時もあるでしょう。

その場合、ファクタリングで早期現金化すれば、作業や取引を順調に進めることができます。

二社間契約なら、取引先に通知もされないので信用が傷つくこともありません。

建設業界ではすでに広くファクタリングが活用されています。

資金調達に悩んだ時は、ファクタリングを活用してみましょう。

犬
メール
電話
mitumori