製造業におすすめのファクタリング!活用事例も紹介

製造業におすすめのファクタリング!活用事例も紹介

製造業におすすめのファクタリング!活用事例も紹介

製造業におすすめのファクタリングのメリットや活用事例を紹介します。ファクタリングは最短即日で資金調達ができ、急な支出や発注増にも対応できます。日本のモノづくりを支えてきた製造業は、代金後払いの掛取引が多いことから、実は資金繰りにお困りの方が多い業界です。キャッシュフローを改善したい場合や、資金繰りを安定させたい場合は、ファクタリングを利用しましょう。


今回は、製造業の資金調達手段として、ファクタリングを選ぶメリットや実際の活用事例について解説します。

この記事の内容は以下の5点です。

・なぜ黒字倒産が多い?資金繰りに悩みがちな製造業
・製造業の資金繰りには「2社間ファクタリング」がおすすめ
・製造業にファクタリングをおすすめする理由3つ
・製造業のファクタリング活用事例2つ
・銀行融資とファクタリングの違い3点を比較

最短即日で資金調達ができるファクタリングなら、資金ショートや黒字倒産を防止できます。

資金繰りにお悩みの方は、最後まで記事をお読みください。

 

なぜ黒字倒産が多い?資金繰りに悩みがちな製造業

製造業は、手元資金が枯渇し、債務の支払いができなくなる「黒字倒産」が多い業界です。

その理由として、製造業では「掛取引」が一般的である点が挙げられます。

掛取引とは、取引が成立した時点ではなく、商品を製造し売掛先に納品した時点で代金が支払われる後払い方式のことです。

製造業における掛取引は、支払いサイトが長い傾向にあり、売掛金が入金されるのが3ヶ月、6ヶ月先のケースも少なくありません。

もし、売掛金が入金されるまでに税金や保険料の支払い、仕入れ代金や原材料費の支払い、設備投資や修繕費などの支払いが発生すれば、手元に現金がないため、資金ショートに陥ります。

こうした業界構造により、製造業では黒字倒産が多数発生しています。

製造業を営んでいくうえで、「いかにキャッシュフローを改善するか」「資金繰りを安定させるか」が課題です。

製造業の資金繰りには「2社間ファクタリング」がおすすめ

ファクタリングとは、未回収の売掛金をファクタリング会社に売却し、資金化するサービスです。

ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類の契約方法があり、それぞれファクタリング契約の当事者、契約内容、手数料などが異なります。

製造業の資金繰りなら、「2社間ファクタリング」がおすすめです。

2社間ファクタリングでは、利用者とファクタリング会社の2社間で契約が結ばれるため、事前に売掛先の承諾を得る必要がありません。

そのため、売掛金を売却するまでの期間が短く、最短即日で資金調達ができるのが、2社間ファクタリングの最大のメリットです。

また、ファクタリングは銀行融資と違い、帳簿上「負債」として計上されません。

負債を増やさずにキャッシュフローを改善できるという点でも、製造業にはファクタリングによる資金調達が向いて資金調達が向いている理由です。

こうした理由から、弊社では資金繰りでお悩みの製造業のお客様に「2社間ファクタリング」をおすすめしています。

製造業にファクタリングをおすすめする理由3つ

製造業にファクタリングをおすすめする理由は、下記の3点です。

①支払いサイトを短縮できる
②売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できる
③銀行融資の審査に落ちても利用できる

それぞれのメリットについて、順に紹介していきます。

①支払いサイトを短縮できる

ファクタリングを利用すれば、最短即日で資金調達が可能です。

製造業では掛取引が一般的であり、売掛金の入金までに1~2ヶ月程度かかるケースがほとんどです。

支払いサイトが長い取引であれば、売掛金が入金されるのが3ヶ月、6ヶ月先というケースもあります。

その場合でも、ファクタリング契約を結べば、すぐに売掛金を資金化できます。

銀行融資の場合は事前に審査が必要となるため、入金までに2~3週間ほど時間がかかるケースが大半です。

ファクタリング契約を結ぶ場合も審査は必要ですが、不動産などの担保や保証人が不要なため、審査にほとんど時間がかかりません

売掛金の支払いサイトを短縮し、手元資金を確保したい場合は、ファクタリングを利用しましょう。

②売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できる

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2社間で契約するため、事前に売掛先の承諾を得る必要がない点です。

ファクタリングは中小企業に人気の資金調達方法ですが、製造業ではまだ知名度が低く、ファクタリングの存在を知らない売掛先も少なくありません。

売掛先にファクタリングの承諾をお願いすると、「この会社は資金繰りが厳しいのか」「銀行融資が受けられないのか」とネガティブな印象を持たれてしまう恐れがあります。

その点、2社間ファクタリングでは、今後の取引に悪影響が出る心配がありません

「売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できる」という点も、製造業にファクタリングがおすすめできる理由です。

③銀行融資の審査に落ちても利用できる

ファクタリングのメリットとして、銀行融資の審査に落ちてしまった場合でも利用できる点も挙げられます。

資金繰りが悪化し、赤字決算、債務超過、税金・保険料の滞納といった厳しい状態に陥っても、ファクタリングであれば利用可能です。

なぜなら、ファクタリング契約の際の審査は、「利用者の信用力」ではなく「売掛先の信用力」を重視するからです。

ファクタリング会社にとっては、「売掛金が回収できるかどうか」が重要なため、銀行融資よりも柔軟な審査が行われます。

ファクタリングの会社の審査担当者は、以下の3点をチェックしています。

・実際に売掛金が存在するか
・今回の売掛先との間に売掛金が定期的に発生しているか
・売掛金の入金期日が適切な期間であるか

資金化の見込みがあるような売掛金さえ存在すれば、銀行融資の審査に落ちてしまうような状態であっても、ファクタリングを利用することが可能です。

製造業のファクタリング活用事例2つ

ここでは、製造業におけるファクタリングの活用事例を2つご紹介します。

・プラスチック製品製造業
・食料品製造業

ファクタリングの利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

①プラスチック製品製造業の活用事例

こちらは、工場内の機械の故障により、急な支出が発生したプラスチック製品製造業のファクタリング活用事例です。

年商 5000万円
調達日数 1日
調達額 250万円
資金使途 機械修理費

■ご相談内容:
工場内の機械が故障してしまい、製造作業ができなくなった。
機械を稼働させないと売上が減ってしまうのでどうにか機械修理費を資金調達したい。

こちらの事例では、営業開始時間とともにご相談の電話をいただきました。

弊社のオペレーターがヒアリングを行ったところ、工場内の機械の故障により、修繕費用としてまとまったお金が必要とのことでした。

また、ファクタリングのご利用は初めてのため、必要書類の準備に心配をお持ちでしたが、ご案内のもとスムーズに用意していただき、即日の資金調達を実現しました。

資金繰りの改善により、工場の稼働に欠かせない機械の修理費捻出のお力添えができたことを実感しております。

②食料品製造業の活用事例

こちらは、急な発注増により運転資金が不足し、材料費用の支払いが追いつかなくなった食料品製造業のファクタリング活用事例です。

年商 1億2000万円
調達日数 2日
調達額 400万円
資金使途 運転資金

■ご相談内容:
発注増が発生して運転資金が回らず、材料費用の支払いまで追い付かない。
3日後が支払期日なので早急に資金調達したい。

こちらの事例では、発注増に対応したいが、運転資金が不足しており他案件の材料費用の支払いが追いつかないと、お電話にてご相談いただきました。

弊社でファクタリングを利用するのが2回目のお客さまのため、すぐに必要書類をご提出いただくことができました。

売掛金の確認や与信審査についても、大手企業の下請け会社ということで、スムーズに手続きが完了し、即日のお振込をさせていただき資金調達のお手伝いをさせていただきました。

ここでご紹介した2点の活用事例のように、主に資金繰りでお困りの際にファクタリングをご相談いただいています。

急に大きな支出が発生したり、運転資金が不足したりした場合は、ぜひファクタリングの利用をご検討ください。

銀行融資とファクタリングの違い3点を比較

ファクタリングと銀行融資の大きな違いは、その「資金調達方法」です。

ファクタリングの場合、未回収の売掛金を売却して資金化しますが、銀行融資の場合は金融機関にお金を借り、資金調達を行うという違いがあります。

銀行融資とファクタリングの違いについて、下記の3点に分けて説明します。

①審査基準
②資金調達スピード
③手数料

ファクタリングと銀行融資の違いを比較したうえで、ご自身に合った金融サービスを選ぶことが大切です。

①審査基準:ファクタリングは「売掛先の信用力」が問われる

ファクタリングと銀行融資の審査基準の違いは、下記の通りです。

銀行融資 「利用者の信用力」
ファクタリング 「売掛先の信用力」

銀行融資を利用する際は、主に利用者本人の信用力や財務状況が審査されます。

連続赤字決算や債務超過、税金・保険料の滞納などがある場合、審査通過は困難です。

しかし、ファクタリングでは利用者の信用力ではなく、売掛金を支払う売掛先の信用力を重視しています。

そのため、利用者に赤字や税金滞納などがあった場合でも、売掛金を回収する見込みがあれば、柔軟に審査が行われます。

②資金調達スピード:ファクタリングなら最短即日で資金調達が可能

ファクタリングと銀行融資の資金調達スピードの違いは、下記の通りです。

銀行融資 1ヶ月程度
ファクタリング 最短即日~3日程度

銀行融資の場合、金融機関やサービスによって異なりますが、申込みから実行までの期間はおおむね1ヶ月程度です。

また、銀行融資は初回取引時に審査期間が長くなるため、資金調達に時間がかかり、急ぎキャッシュフローを改善したいといった用途には適していません。

一方、ファクタリングなら申込みから資金調達まで、最短で即日~3日程度で完了します。

入金までに1ヶ月ほどかかる銀行融資よりも調達スピードが圧倒的に早く、急な出費や発注増にも対応可能です。

③手数料:銀行融資は「金利」、ファクタリングは手数料

ファクタリングと銀行融資の手数料の違いは、下記の通りです。

銀行融資 2~9%前後
ファクタリング 2~20%前後

ファクタリングは銀行融資と違い、「借入」ではなく売掛金の「買取」を行う金融サービスです。

そのため、利用時には「金利」ではなく「手数料」が発生します。

ファクタリングの手数料は、契約内容やファクタリング会社によって異なりますが、およそ2~20%前後です。

そのほか、売掛金をファクタリング会社に譲渡したことを証明する債権譲渡登記のため、別途登録免許税が必要です。

「金利」が発生する銀行融資と、「手数料」が発生するファクタリングでは、それぞれ費用感が大きく異なります。

実質的にどちらが有利なのか、利用前にじっくり比較しましょう。

製造業で資金繰りにお悩みの場合はファクタリングがおすすめ!

ここまで、製造業におすすめのファクタリングのメリットや活用事例について、下記の通り解説してきました。

・なぜ黒字倒産が多い?資金繰りに悩みがちな製造業
・製造業の資金繰りには「2社間ファクタリング」がおすすめ
・製造業にファクタリングをおすすめする理由3つ
・製造業のファクタリング活用事例2つ
・銀行融資とファクタリングの違い3点を比較

 

ファクタリングは最短即日で売掛金を資金化でき、急な支出や発注増にも対応できる資金調達方法です。

犬
メール
電話
mitumori