【卸売・小売業】ファクタリングの利用で即日資金化!活用事例事例も紹介

【卸売・小売業】ファクタリングの利用で即日資金化!活用事例事例も紹介

【卸売・小売業】ファクタリングの利用で即日資金化!活用事例事例も紹介

卸売・小売業は取引価格が少額なことが多く、売掛金の回収に問題を抱えにくい業界構造です。
とくに小売業では、売上の要となるのはお客様への商品販売のため、すぐに代金回収が可能です。
しかし、卸売・小売業にも、さまざまな資金ショートのリスクが潜んでいます。

資金繰りが苦しいときは、未回収の売掛金をファクタリング会社に売却し、早期資金化する「ファクタリング」を活用しましょう。

卸売・小売業のお客様には、下記のようにお悩みの方も多いでしょう。

「今月も赤字のため、売掛金を早期資金化したい」
「卸売・小売業におすすめのファクタリング会社が知りたい」

そこで、この記事では下記4点について詳しく説明します。

・赤字経営が多い?資金繰りに悩みがちな卸売・小売業
・卸売・小売業にファクタリングをおすすめする理由3つ
・卸売・小売業のファクタリング活用事例2例
・小口でも対応可能!ファクタリング会社3選

資金繰りにお悩みの卸売・小売業の方は、ぜひ最後までお読みください。

過剰在庫で資金ショート?資金繰りに悩みがちな卸売・小売業

法人や個人のお客様への販売が主である卸売・小売業では、代金を後払いにする掛取引はあまり多くありません。

商品やサービスの代金は基本的にすぐ回収できるため、運転資金に困りにくく、他の業界と比べて資金繰りが比較的安定しているのが卸売・小売業です。

しかし、過剰在庫による多額の損失や、売掛先の急な経営破たんなど、卸売・小売業にも資金ショートのリスクがあります。

そこで役に立つのが、「ファクタリング」と呼ばれる金融サービスです。

ファクタリングを利用すれば、入金まで時間がかかる売掛金をファクタリング会社に売却し、手元資金を確保できるため、急な出費にも対応できます。

そのため、卸売・小売業のお客様は、ファクタリングを利用した資金調達がおすすめです。

手形割引とファクタリングの違い「資金調達のスピード」

卸売・小売業では、満期前の手形を譲渡する「手形割引」が今でもよく利用されています。

手形割引とファクタリングの最大の違いは、「資金調達のスピード」です。

手形割引の場合、資金調達までに5~7日程度かかるのが一般的です。

しかし、ファクタリングは最短即日で資金化できるため、急ぎの出費にも対応できます。

また、政府発表によると、手形割引で換金を行う「約束手形」は、2026年をめどに利用廃止となる予定です。

手形取引から掛取引へ移行する企業が増えることが予想されるため、売掛金の買取りを行うファクタリングサービスの需要がますます高まります。

卸売・小売業にファクタリングをおすすめする理由3つ

ファクタリングサービスには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類の契約形態があります。

ファクタリング会社と利用者の2社間で完結する2社間ファクタリングに対し、売掛先の承諾を得る必要があるのが3社間ファクタリングです。

また、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは、手数料なども異なります。

ここでは、卸売・小売業のお客様にファクタリングのご利用をおすすめする下記3点の理由を紹介します。

① 信用情報へ影響しない
② 最短即日で資金化できる
③ 銀行融資の審査に落ちても利用できる

① 信用情報へ影響しない

ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンのような「借入れ」ではなく、ファクタリング会社が売掛金の「買取り」を行う金融サービスです。

そのため、ファクタリングを利用しても、会計上の帳簿に負債として記入する必要がありません。

銀行融資とちがい、決算の際の赤字が増えないため、ファクタリングには「後々の信用情報へ影響を与えない」というメリットがあります。

今後、銀行融資を受ける予定がある場合も、ファクタリングの利用履歴が与信審査に影響を与えることはありません。

② 最短即日で資金化できる

ファクタリングサービスのうち、売掛先の承諾を得ずに利用できる「2社間ファクタリング」は、最短即日での資金調達が可能です。

銀行融資の場合は、与信審査を行ったうえで融資が決定されるため、入金までに2~3週間ほど時間がかかるのが一般的です。

ファクタリングの利用の際も、もちろん与信審査は行われますが、不動産などの担保や保証人が必要ありません。

そのため、審査にあまり時間がかからず、スムーズに資金調達が可能です。

ファクタリングの最大のメリットは、最短即日で売掛金を資金化し、急ぎの出費にも対応できる点です。

③ 銀行融資の審査に落ちても利用できる

ファクタリングは借入れではなく、売掛金の売買のため、銀行融資よりも柔軟な与信審査が行われるのが特徴です。

銀行融資やビジネスローンでは、利用者の信用情報が重視されます。

しかし、ファクタリングでは主に売掛先の信用情報が重視されるため、回収可能な売掛金があれば、銀行融資が利用できない方でも与信審査を通過する可能性があります。

もし、銀行融資が受けられず、資金繰りにお悩みの方は、ファクタリングの利用を検討しましょう。

卸売・小売業のファクタリング活用事例2例

ここでは、卸売・小売業でのファクタリング活用事例を2点ご紹介いたします。

① 衣類の卸・販売
② 水産卸・小売業

ファクタリングの利用をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

① 衣類販売のお客様

銀行融資がなかなか実行されず、仕入れ代の捻出にお困りの衣類販売のお客様の事例です。

年商 1億2000万円
調達日数 即日
調達額 900万円
資金使途 仕入れ代

■ ご相談内容:
銀行融資がなかなかおりないため、ファクタリングを利用して仕入れ代の資金調達を行いたい。

こちらのお客様は、弊社のオペレーターがヒアリングしたところ、銀行融資がなかなかおりず、仕入れ代の捻出にお困りとのことでした。

ファクタリングの仕組みはご存知だったため、ファクタリングを利用し、急ぎ資金繰りを改善したいとのご相談でした。

ファクタリングのご利用自体は初めてでしたが、弊社の担当者のご案内にしたがい、必要書類をすぐにご用意いただけたため、契約から入金までスムーズにお手続きを進めることができました。

結果として、即日での資金調達を実現でき、資金繰り改善のお手伝いができたことを実感しています。

② 水産卸・小売業のお客様

従業員の給料支払いが迫り、急ぎの資金調達が必要になった水産卸・小売業のお客様の事例です。

年商 7000万円
調達日数 2日
調達額 300万円
資金使途 人件費

■ ご相談内容:
従業員の給料支払いが3日後に迫り、早急にファクタリングで資金調達したい。

こちらのお客様からいただいたご相談によると、売掛金の入金は早くて一ヶ月後とのことでした。

しかし、人件費の支払いが3日後に迫っているとのことで、ファクタリングサービスを契約して、一番支払日が近い売掛金を売却し、急ぎの資金調達を行いました。

ご契約の際に提出資料の不備があり、資金調達が1日遅れてしまいましたが、給与のお支払いには間に合ったとのご連絡をいただきました。

以後、こちらのお客様には3ヶ月に1度のペースでご利用をいただいており、そのつどファクタリングによって資金繰り改善を実現しています。

小口でも対応可能!ファクタリング会社3選

「小口の売掛金を資金化できる会社はあるのか」
「小口でも、即日資金化可能なのか」とお悩みの方も多いでしょう。

ここでは、弊社がおすすめする小口でも対応可能なファクタリング会社を3社紹介します。

・メンターキャピタル
・日本中小企業金融サポート機構
・ウィット

ファクタリングサービスを利用し、資金繰りの改善を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

即日ファクタリングが可能な「メンターキャピタル」

MenterCapital

メンターキャピタルは、即日ファクタリングサービスを提供する企業です。

創業1年未満の業歴の浅い企業や、銀行融資を受けられない個人事業主でも利用でき、柔軟な与信審査が可能です。

メンターキャピタルでは、売掛金の積極的な買取りを行っているため、他のファクタリング会社で一度断られた方も、まずは相談・問い合わせをしてみましょう。

業界最低手数料手数料1.5%~「日本中小企業金融サポート機構」

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、財務局・経済産業省の認定を受けた「経営革新等支援機関」で、主に中小企業を対象としたファクタリングサービスを提供しています。

ファクタリング業界最低手数料1.5%~利用できるため、資金調達の際のムダなコストがかからず、売掛金の利益率を圧迫しません。

小口専門サービス「ウィット」

WIT

ウィットの特徴は、小口専門のファクタリングサービスを提供している点です。

他社に断られるような少額の売掛金でも、ウィットなら買取りの可能性があります。

2社間ファクタリングのため、申込みから入金までがスムーズで、急ぎの資金調達にも間に合います。

また、売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できるため、取引関係が悪化するリスクがありません。

ファクタリングはスリーラインにお任せください!

ここまで、卸売・小売業におすすめの資金調達方法である「ファクタリング」について、以下4点の内容を解説しました。

・赤字経営が多い?資金繰りに悩みがちな卸売・小売業
・卸売・小売業にファクタリングをおすすめする理由3つ
・卸売・小売業のファクタリング活用事例2例
・小口でも対応可能!ファクタリング会社3選

卸売・小売業は取引価格が少額なことが多く、売掛金の回収という点では大きなリスクを抱えていません。

しかし、過剰在庫による多額の損失など、資金ショートに陥るリスクはあります。

卸売・小売業で利用が多い「手形割引」も、2026年をめどに廃止の方針が決定しているため、注意が必要です。

そこでおすすめなのが、売掛金を早期資金化する「ファクタリング」です。

手形割引や銀行融資と異なり、ファクタリングは最短即日での資金調達が可能なため、急ぎの出費にも対応できます。

犬
メール
電話
mitumori